教育体系

課題解決から成長へと導く教育体系の構築。

  • 最適な教育

    自社のコンテンツにこだわらず
    中立的な立場で
    本当に良いものをチョイス

  • 時間の効率化

    クライアント自身で
    教育プログラム探しを行う
    膨大な時間の短縮

  • 学ぶインセンティブ

    全てにおいて
    学ぶことが楽しくなる
    構造化の提供

プレシャス・タイムでは、教育体系ありきではなく、経営ビジョンを支え、経営計画を実現するためにどのような人材を育成し、組織を成長させていくかを考えることからスタートします。

教育体系は固定的に考えられがちですが、本来、マーケットに基づき変化する経営計画の要請を受けてつくられるものです。
しかし、頻繁に教育体系が変わっては組織の幹となる人材の体系的育成が難しくなります。
長期と短期、その両方の視点に立ち、普遍的な中核プログラムと環境変化に適応して更新されていくプログラムを組み合わせるオリジナリティの高い体系を組み上げることが大切だと考えます。

教育体系設計と運営上のポイント

大掛かりな教育体系を構築するために時間を割くよりは、実態に合わせて、必要な部分から、あるいは、できるところから実施していく現実的な考え方が必要です。
また、過去の実績に囚われたり、流行りの研修を取り入れることに目を奪われたり、社外発注を前提とすることは、本来の教育の目的を逸脱する可能性があると考えます。

人材育成の根幹はOJTですが、それをより機能させていく教育体系の構造化、設計に社外を活用するメリットとして下記が挙げられます。
①教育内容の平準化
②時間の短縮
③社外ならではのメリット(客観的視点や他社との比較など)

「限られた投資原資を有効に活用するためにも、社内教育と社外教育の併用を進めたい」
「自分たちでできることは自分たちで行いたい」
といったお客様の意思を尊重しながら、最適な教育体系を実現し、その運用により人材と組織の成長に貢献していきます。

①現状確認
        経営理念やビジョン、経営戦略や経営計画、人事制度、組織状況の確認。教育実績や経営や社員からの期待の確認。
        ・期待される業績と現状とのギャップ
        ・求める人物像と現状とのギャップ
        ・期待される能力と現状とのギャップ
        ②現状調査と分析
        経営者ヒアリングや現場ヒアリングを行い、経営・事業・組織・人事側面から幅広く情報収集し、客観的視点で分析を行う。
        ③人材戦略の明確化
        経営と現場状況のギャップを明確にした上で、人材戦略の明確化を図る。求める人材像を軸として、採用と教育、今後求められるキャリア、能力要件や職務要件などを整理する。
        ④教育方針の検討
        経営ビジョン、経営計画と現状に基づき、人材育成方針を明確化する。この時、人材育成のアウトラインができあがる。
        ⑤教育体系の構築
        経営計画を軸に、長期視点と短期視点を組み合わせた、現状の理想とする教育体系を作る。経営視点を取り入れ、人事制度との取り合わせを検討する。
        ⑥教育プログラムの検討
        階層別教育、組織別教育、目的別教育、職種別教育等、各教育の目的とテーマを明確にする。 各教育の目的とテーマに添った具体的なプログラム検討を行う。この時、社内教育と社外教育の検討も行い、優先順位や予算検討も同時に行う。
        ⑦教育実施体制構築とスケジュール化
        スケジューリングと実施する際の事務局の仕組み作りと、実施段取りの明確化。社内広報や、スケジュール調整、事前ヒアリングや研修報告など、教育を効果的にするためのフォロー体制や仕組みなどの打ち合わせ。

教育体系イメージ

お問い合わせ

ページトップへ